R i m と は



裁つ、貼る、縫う、磨く。全て手作業の、革工房です。

Rimの工房には、ミシンや漉き機などの機械がありません。全て手作業で、一点ずつ仕上げていきます。

その工程の中でも特徴的なのが、伝統的な「手縫い」技法。

手間や時間はかかるのですが、一目一目味わい深く丈夫に仕上がるのが特徴です。

一つでも手を抜くと、仕上がりに必ずひびいてきます。気持ちを込めるとイイモノに仕上がります。

時間をかけて、丁寧に。永く、お付き合い頂ければ嬉しいです。



革工房Rim_入口  革工房Rim_工房  革工房Rim_工具


 

■全て手作業で仕上げます。

 ◆手裁ち
  機械を使わず全て手裁ちで、革包丁で裁断していきます。
  大きな革を広げ、色むらや傷などが無いか確認し、型紙を置いて一つずつ裁断していきます。
  意外と神経を使う、手間と時間のかかる工程でもあります。


 ◆手縫い
  ヨーロッパの伝統的な技法で、馬具職人によって受け継がれてきました。
  まず菱目打ちという工具で縫い目の穴をあけ、麻糸に蜜蝋をひき、麻糸の両端に二本の針を通し、
  一針ずつ交差させて縫い上げていきます。
  一本の縫い目にいくつもの工程があり、一目一目が味わいあるものに仕上っていきます。


 ◆コバ磨き
  革の断面(コバ)の処理をいいます。
  ゴムのりや段差が残っているので、やすりで整えエッジ(角)を落とし、ロウ等を塗りヘラで磨く。
  その後、革と同色の染料を塗り、更に磨いて仕上げます。
  普通は気にならない所かもしれませんが、作る側として、縫目の次に気になる部分かもしれません。
  手間のかかる作業ですが、この工程により強度が増し、完成度が高くなると思います。


革手縫い



■ 色を選ぶ、楽しみ。

革_色

Rim オリジナルの牛革11色、ピッグスエード10色、縫い糸(麻糸)10色より、様々な色の組合せで製作してます。

オーダーでは、お好きな色の組合せをお選び頂けます。

同じ革の色でも、糸の色を変えるだけで印象がとても変わったり・・・
気分や季節によって色の好みが変わったり・・・

色の選択は心境を表すようで、製作していてもとても楽しいです。

「自分の色」 探し、お楽しみ頂ければ幸いです。